HOME>記事一覧>中古マンションというデメリットをメリットに変える

建て替えの見直しになるから

マンション

大規模修繕工事と一口にいっても、外壁のタイル貼替から外壁塗装、屋上(屋根)の防水やバルコニーの床の防水などまで色々です。居住者から人気なのは、劣化状況に応じた修繕ではなく、居住者の年齢層の変化に応じたバリアフリー対策です。エレベーター、機械式駐車場の修繕はもちろん、容易に避難できるのか、玄関扉やポーチ部分に段差がないのか、廊下や階段に補助手すりが設置されるなど、建て替えに向けて動き出すきっかけにもなるようです。

新築に見えるから

建設現場

大規模修繕は入居者にとっては、リフォームと似た考えで賛同しています。しかし、投資家(管理組合)などは収益性はもちろん、安心・安全・信頼のために定期点検、長期修繕計画を立てることに力を入れています。マンションの場合、外壁の汚れやひび割れ、鉄サビに加えて、各種設備の不具合などの劣化が生じます。マンションをよい状態で維持するために、定期的なメンテナンスは欠かせません。大規模修繕は高額費用がかかるため、居住者の同意も必要だからこそ、前もって準備しておく修繕計画、資金計画が見直されています。その準備のおかげで、建物や設備のグレードアップまでができるのです。マダラに外壁が塗られるのではなく、大規模修繕は建物全体が塗装範囲です。見た目(外観)は、居住者にも大切な部分ですから、新築に魅せることでも人気取りする修繕箇所です。

広告募集中